差し込み線とは?

差し込み線のチャートサンプル

差し込み線の下降確率

  • シグナル点灯銘柄

    39727銘柄

  • 翌日の株価下降確率

    1.05

  • 一週間後の株価下降確率

    30.26

「差し込み線」とは、大陰線に続いた陽線が、前日の終値よりも康頼の状態。前日と当日の日足を組み合わせて考えます。入り首線よりも勢力のあるものです。 日足は、1日の始値よりも終値が高ければ「陽線」。始値よりも終値が安ければ「陰線」となります。相場において、大陰線が現れた翌日に陽線が現れるのがポイントです。陽線が、安寄りして前日の実線内で現れれば「差し込み線」。保ち合いで見かけることがままあり、下げ相場なら下降、上げ相場なら上昇と、維持を示します。他の指標と組み合わせて売買を考えましょう。

差し込み線が点灯した株・銘柄一覧

  • 8596(株)九州リースサービス

    差し込み線2017-11-21

    株価1002.0

    前日比91.1

    東証二部,福岡その他金融業
    テーマ株/関連銘柄

    JPX日経400投資事業金融株式市場ベンチャーキャピタル事業者向けノンバンク

  • 9519(株)レノバ

    差し込み線2017-11-21

    株価1181.0

    前日比101.4

    マザーズ電気・ガス業
    テーマ株/関連銘柄

    バイオマス発電太陽光発電独立系発電事業者

  • 4008住友精化(株)

    差し込み線2017-11-21

    株価6690.0

    前日比100.8

    東証一部化学
    テーマ株/関連銘柄

    アベノミクス砂漠緑化農薬アフリカサマーストック農業JPX日経400メタンハイドレートロシア水ビジネス中東光触媒LED照明リチウムイオン電池部材・部品タッチパネル太陽電池・太陽光発電システムコメ飼料スマートフォン再生医療ハイブリッド車核酸医薬ウエアラブル端末日経中国株50自動車部材・部品液晶部材・部品ファインケミカル排ガス規制ナノテクノロジー半導体部材・部品LED部材・部品クリーンディーゼル医薬中間体有機EL部材・部品原油安メリット紙おむつ有機EL照明REACH尿素SCRシステム産業用ガス石油化学高吸水性樹脂化学

  • 株価269.0

    前日比100.7

    東証JASDAQグロース建設業
    テーマ株/関連銘柄

    マンション中古マンション再生不動産リフォーム

  • 2291福留ハム(株)

    差し込み線2017-11-21

    株価2323.0

    前日比100.5

    東証二部食料品
    テーマ株/関連銘柄

    TPPインスタント食品水産資源養殖健康・機能性食品飼料ハム・ソーセージ年末商戦食肉総菜

  • 3542(株)ベガコーポレーション

    差し込み線2017-11-21

    株価1263.0

    前日比100.4

    マザーズ小売業
    テーマ株/関連銘柄

    食品卸農業eコマース食品スーパー物流業務用スーパー

  • 8368(株)百五銀行

    差し込み線2017-11-21

    株価506.0

    前日比100.4

    東証一部,名証一部銀行業
    テーマ株/関連銘柄

    カーボンオフセット伊勢志摩サミットエコ・ファースト制度金融地方銀行

  • 4584(株)ジーンテクノサイエンス

    差し込み線2017-11-21

    株価1779.0

    前日比100.3

    マザーズ医薬品
    テーマ株/関連銘柄

    エボラ出血熱バイオバイオテクノロジー医薬品創薬iPS細胞抗がん剤抗体医薬細胞医薬品

  • 5445東京鐵鋼(株)

    差し込み線2017-11-21

    株価1891.0

    前日比100.3

    東証一部鉄鋼
    テーマ株/関連銘柄

    防災耐震・免震東京オリンピック建設資材リサイクル鉄鋼建設中東電炉

  • 2743ピクセルカンパニーズ(株)

    差し込み線2017-11-21

    株価382.0

    前日比100.3

    東証JASDAQスタンダード卸売業
    テーマ株/関連銘柄

    内食その他太陽電池オフィスLED照明その他半導体食品スーパー専門商社半導体商社事務用品NAND型フラッシュメモリシステムLSI民泊IoT

17件中1~10件を表示

最新の売買シグナル・テクニカルデータ

【差し込み線】が点灯した銘柄・株を一覧でご紹介。売りシグナルとされる差し込み線の勝率は高いのか?他にも、売りシグナルを形成する銘柄を翌日、一週間後の株価上昇・下落確率でスクリーニングできます。