【テーマ株】今投資すべき最新テーマ株の探し方&注目株の配信サービス特集

MENU

【テーマ株・関連銘柄】短期トレーダーに役立つ推奨・情報配信サービス特集

[PR]注目のテーマ株&出遅れ有望銘柄の初動を掴む!

【テーマ株・関連銘柄】短期トレーダーに役立つ推奨・情報配信サービス特集

テーマ株は、株式市場全体の中でも将来性の高い産業の主流や国策(政策)、製品・技術に関連する銘柄を「テーマ」としてグループで分類する考え方。テーマ株は「○○関連」と呼ばれ、市場の期待や注目を集めやすく、値動きが大きく値幅も広い特徴から、デイトレ・スイングといった短期トレーダーに好まれやすい傾向があります。
人気化したテーマ株は、短期間で株価を大きく急騰させる反面、人気の収束とともに株価を急落させるケースがあるため、初動の見極めと素早い売買判断が求められます。テーマ性の強い有望株の情報をいち早くキャッチしたい方や、出遅れ・思惑株の初動を掴みたい方にオススメの情報をご紹介。短期急騰が期待できるテーマ株・国策関連銘柄の情報などを推奨配信するオススメの助言アドバイザー・投資顧問会社をピックアップ!

注目のテーマ株&出遅れ有望銘柄の情報元!無料で使えるオススメ投資顧問情報

テーマ株の売買は、大きく値をあげる初動を掴めるかが重要なポイント。
一度人気化したテーマ株は、材料の発表とともに株価を2倍・3倍、それ以上の急騰を見せる可能性があるため、テーマ株相場は資金を一気に増やす大きなチャンスと言えます。これまでにも、リニア関連・バイオ関連・自動運転(ZMP)関連といった国策テーマにはじめり、フィンテック関連・人工知能(AI)関連・LINE関連など、さまざまな人気テーマが市場の注目をあつめ、テーマ株相場を大きく沸かせてきました。こうした人気テーマが注目を集める一方で、出遅れ有望銘柄や連想・思惑で急騰する次の銘柄を知りたい方や、新たなテーマ株相場・材料相場をいち早く発掘して大きな利益を得たい!と考える方も多いのではないでしょうか。
そんなアナタに是非オススメしたい!テーマ株・材料相場の情報元となる投資アドバイザーをご紹介。フリーアドレスの簡単な登録&無料で利用ができる、。オススメの投資顧問会社をピックアップ!新規入会特典として、短期急騰が期待できる銘柄情報も無料で配信中です。テーマ株相場を攻略する有益な情報元としてぜひ活用して下さい。

2016年 テーマ株相場・材料相場で人気のテーマ・関連銘柄一覧

LINE(ライン)関連銘柄

LINE(ライン)関連銘柄

LINE関連銘柄は、スマートフォン向け無料通話・チャットアプリの開発を手掛ける「LINE(ライン)」と、業務提携やコンテンツ提供(フリーコイン・スタンプ・ゲーム・占い・代理店など)に関連する銘柄・企業グループのこと。LINEは、2011年6月のサービス開始以降、これまでのメールに代わるコミュニケーションツールとして、日本だけでなく、タイ、台湾、インドネシアなど海外でも多くのユーザーに利用されるサービスに成長。2016年7月には、最大規模のIPO(新規上場)として日米で同時に上場を果たし、国内外の市場の注目を一気にあつめ、今後の株価の展開が大きな話題となりました。
LINEのように市場関係者の注目を大きく集める上場は、取引先銘柄や類似銘柄の株価にも大きなインパクトを与えます。LINEを中心とするこれらの銘柄グループが「LINE関連銘柄」です。LINEが展開する事業やサービスに関連する銘柄は数が多く、本命や出遅れなどさまざまな思惑が飛交うため慎重に選ぶ必要があります。中でも、アドウェイズ・メディア工房・グリー・ガイアックス・メディアシーク・エイベックス・グループ・ホールディングスなどが代表的なLINE関連銘柄です。

VR/AR関連銘柄

VR/AR関連銘柄

VR(Virtual Reality)とは、「仮想現実(バーチャルリアリティ)」を意味する言葉で、コンピューターによって作り出された人工的な仮想空間をあたかも現実のように体験できる新しい技術のこと。VR関連銘柄は、この新しいテクノロジーを活用して事業展開を行う銘柄・企業グループのことで、ゲーム産業・製造業・医療分野など、幅広い産業にVR技術は大きな影響を及ぼすと考えられています。アメリカの大手投資銀行「ゴールドマン・サックス」の報告によると、VR関連のソフトウェア市場は2025年には350億ドル規模に成長すると予想がされており、国内市場でもVR関連銘柄は有力な成長産業の一つとして注目を集めています。
AR(Augmented Reality)とは、「拡張現実(オーグメンテッドリアリティ)」を意味する言葉で、人が知覚する現実環境をコンピューターによって拡張する技術や現実環境のこと。AR関連銘柄は、ARの分野で事業転換を行う銘柄・企業グループのことで、VR関連銘柄と併せて注目されているテーマ株。配信開始と同時に全世界を巻き込んだ一大ブームを巻き起こした「ポケモンGO(Pokemon GO)」は、このAR技術をつかった代表的なスマホゲーム。また、AR技術はゲーム産業だけでなく、ロボットやIoTなど幅広い産業に影響力をもつため、VR関連銘柄と同じく今後の成長が期待される注目の産業・テーマといえます。

フィンテック関連銘柄

フィンテック関連銘柄

フィンテック(FinTech)とは、ファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)の2つを組み合わせた造語で、最新のIT技術をつかった新しい金融サービスのこと。日本語ではフィンテックのことを「金融IT」や「金融テクノロジー」と略した表現をつかうこともあります。このフィンテック技術をつかったサービスの代表例は、スマートフォンをつかってクレジットカード決済ができる「楽天スマートペイ」「PayPal Here」、携帯電話と電子マネーを融合させた「お財布ケータイ」など。そして、近未来の金融インフラとして国内外から高い注目を集める分野「ブロックチェーン」。ビットコインなど仮想通貨の基盤の役割をもつ、このブロックチェーンもフィンテック分野の本命と呼ばれています。
フィンテック関連銘柄は、金融業界を中心とする産業・分野の開発や提供をおこなう企業、またはフィンテックの影響を受ける金融機関の企業・銘柄グループを指します。コンサルティング大手、アクセンチュアの調査によれば、14年のフィンテック関連企業への投資額は前年と比べて約3倍の122億ドル。このような状況から、日本政府も本格的にフィンテック関連サービスの後押しを開始。フィンテック分野は金融業界の「産業革命」とも称されることから、今後、日本国内でもシステム開発やサービス提供が広く普及することが容易に予測でき、同時に、国内市場のフィンテック関連銘柄の需要の高まりと、長期的な株価の上昇が期待できる注目のテーマ株。

有機EL関連銘柄

有機EL関連銘柄

有機ELとは、「有機エレクトロルミネッセンス」の略で、有機物に電気を流すことで起こる発光現象のこと。有機発光ダイオード(OLED)や発光ポリマーなど、製品全般も有機ELと呼ばれています。有機ELをつかったディスプレイやパネルは、既存の液晶にくらべて薄型・軽量で低消費電力なことに加えて、高速応答・高コントラストなどの優れた特徴から、次世代ディスプレイの最有力候補として注目を集める最先端技術です。
有機EL関連銘柄とは、これら有機EL技術をつかった製品(ディスプレイ・テレビ・スマートフォン・照明)や、部材・部品(パネルなど)を扱う製造・メーカーに関連する企業グループのことです。この有機EL関連銘柄が一気に注目されたひとつのきっかけが、『新型iPhoneの有機ELディスプレイ・有機ELパネル搭載』の可能性です。アップルが有機ELディスプレイを採用することで、世界のスマートフォンでの採用を見込んだ有機EL開発競争が加速する可能性があり、パネル産業だけでなく他の産業も追随する公算が高い。そのため、有機EL関連として注目される銘柄は、メーカーから製造・部品など各市場へのインパクトが大きく幅広い影響力を持つことから、各産業ごとのテーマでまとめられることもあります。「有機EL製造装置関連」「有機EL部材・部品関連」「有機EL照明関連」「有機ELディスプレイ」などがあげられます。

AI(人工知能)関連銘柄

AI(人工知能)関連銘柄

AI(人工知能)とは、コンピューターで人間同様の思考や実行をさせようとする一連の技術のこと。近年、人工知能の技術は大きな進化を遂げ、ロボットテクノロジーに始まり、サイバーセキュリティー、ビッグデータ、ドローン、IoT(Internet of Things)といった、最先端テクノロジーの開発が次々と進み、テレビや新聞で見かける機会が増えたことでAI(人工知能)の認知度も広まっています。
AI(人工知能)関連銘柄とは、人工知能やロボットの開発・研究・製品・サービスに携わる企業・銘柄グループのこと。人工知能・ロボット関連の産業は将来的に大きな市場となることが予測でき、自動運転(自動ブレーキ)・医療や介護ロボット・ビッグデータ解析事業など、すでに日常生活に身近な存在として浸透し始めています。さらに、政府はあらたな成長戦略として、ロボットやIT技術を後押しすることで、30兆円規模の関連市場を生み出す「第4次産業改革」を発表。AI(人工知能)関連銘柄は、いわゆる【国策テーマ株】として、成長性が高く各産業に大きな経済効果をもたらすことが期待されています。
海外では、検索エンジンに人工知能の導入、人工知能による地下鉄システムの制御など、世界的にも人工知能・ロボット産業が本格的に稼働し始めていることから、近い将来、日本国内でもAI(人工知能)の急速な普及が想定できることからも、AI(人工知能)関連銘柄の成長性と株価の動向が期待できます。