【テーマ株・関連銘柄】短期トレーダーに役立つ推奨・情報配信サービス特集

[PR]注目のテーマ株&出遅れ有望銘柄の初動を掴む!

【本命テーマ・大化け株】2018年のテーマ株・材料相場を勝ち抜く!!株情報サイト・銘柄配信サービス特集

テーマ株は、株式市場全体の中でも将来性の高い産業の主流や国策(政策)、製品・技術に関連する銘柄を「テーマ」としてグループで分類する考え方。テーマ株は「○○関連」と呼ばれ、市場の期待や注目を集めやすく、値動きが大きく値幅も広い特徴から、デイトレ・スイングといった短期トレーダーに好まれやすい傾向があります。
人気化したテーマ株は、短期間で株価を大きく急騰させる反面、人気の収束とともに株価を急落させるケースがあるため、初動の見極めと素早い売買判断が求められます。テーマ性の強い有望株の情報をいち早くキャッチしたい方や、出遅れ・思惑株の初動を掴みたい方にオススメの情報をご紹介。短期急騰が期待できるテーマ株・国策関連銘柄の情報などを推奨配信するオススメの助言アドバイザー・投資顧問会社をピックアップ!

注目のテーマ株&出遅れ有望銘柄の情報元!無料で使えるオススメ投資顧問情報

テーマ株・材料相場を勝ち抜くには、その関連性の深さによって連鎖的に値を上げるその初動を掴み、またテーマ性の本命・出遅れを見極められるかが重要なポイント。人気化したテーマ株は、テーマ性を含む材料の発表とともに株価を2倍・3倍、中には10倍(テンバガー株)と値を急伸させる、資金倍増のチャンスを秘めた大化けが期待できる株といえます。

2017年のテーマ株相場を振り返れば、
市場の有力テーマ、ロボット・フィンテック・IoTなど、あらゆる産業との関連性をもち、17年後半には「AIスピーカー」関連株が注目を集めた【AI(人口知能)関連銘柄】。世界的なAVシフトの流れを受け、「全固体電池」「リチウムイオン電池」「半導体製造装置」など、電気自動車産業の成長性が期待され巨大テーマと大化けした【電気自動車(EV)関連銘柄】。"高騰する価格""先物市場への上場"など、仮想通貨ブームに沸いたビットコイン市場。そうした流れを受け、金融株をはじめとする関連企業に幅広い物色・資金流入が向かった【仮想通貨・ビットコイン関連銘柄】。

2017年の株式市場を大きく沸かせたテーマ株相場の流れを捉え、投資資金を大きく増やすことに成功した方も多いはず。また、2018年の大化けが予想される本命テーマ株・急成長が期待できる出遅れ株の物色に乗り出したという方も多いのではないでしょうか。

そんなアナタに是非オススメしたい!テーマ株・材料相場の情報元となる投資アドバイザーをご紹介。フリーアドレスの簡単な登録&無料で利用ができる、。オススメの投資顧問会社をピックアップ!新規入会特典として、短期急騰が期待できる銘柄情報も無料で配信中です。テーマ株相場を攻略する有益な情報元としてぜひ活用して下さい。

【2018年】大化けが予想される本命テーマ・関連銘柄一覧

AI(人工知能)関連銘柄

AI(人工知能)関連銘柄

AI(人工知能)とは、コンピューターで人間同様の思考や実行をさせようとする一連の技術のこと。近年、人工知能の技術は大きな進化を遂げ、ロボットテクノロジーに始まり、サイバーセキュリティー、ビッグデータ、ドローン、IoT(Internet of Things)といった、最先端テクノロジーの開発が次々と進み、テレビや新聞で見かける機会が増えたことでAI(人工知能)の認知度も広まっています。
AI(人工知能)関連銘柄とは、人工知能やロボットの開発・研究・製品・サービスに携わる企業・銘柄グループのこと。人工知能・ロボット関連の産業は将来的に大きな市場となることが予測でき、自動運転(自動ブレーキ)・医療や介護ロボット・ビッグデータ解析事業など、すでに日常生活に身近な存在として浸透し始めています。さらに、政府はあらたな成長戦略として、ロボットやIT技術を後押しすることで、30兆円規模の関連市場を生み出す「第4次産業改革」を発表。AI(人工知能)関連銘柄は、いわゆる【国策テーマ株】として、成長性が高く各産業に大きな経済効果をもたらすことが期待されています。
海外では、検索エンジンに人工知能の導入、人工知能による地下鉄システムの制御など、世界的にも人工知能・ロボット産業が本格的に稼働し始めていることから、近い将来、日本国内でもAI(人工知能)の急速な普及が想定できることからも、AI(人工知能)関連銘柄の成長性と株価の動向が期待できます。

全固体電池関連銘柄

全固体電池関連銘柄

全固体電池関連銘柄とは、ポストリチウムイオン電池の有力候補としてその将来性が有望視される全固体電池の研究・開発・製造・販売などを手掛ける企業・銘柄のこと。世界的なEVシフトの流れを受けて、EVの動力パーツを担うリチウムイオン電池の関連株が注目されているが、それにとって代わる可能性を秘める基幹部品として、幅広い銘柄に物色が向かっているのが全固体電池関連銘柄です。
EVシフトの流れに加え、特許の出願数で日本企業が上位を占めていることで、全固体電池関連銘柄の成長性が注目を集めています。その中でも、全固体電池の本命株と見られているのが、「オハラ(5218)」「村田製作所(6981)」「FDK(6955)」「安永(7271)」などが挙げられます。

仮想通貨・ビットコイン関連銘柄

仮想通貨・ビットコイン関連銘柄

仮想通貨・ビットコイン関連銘柄とは、ビットコインを始めとする仮想通貨に関連した事業を展開する企業・銘柄のこと。2017年は、ビットコイン価格が高騰を続けたことに加え、米国初のビットコイン先物取引を上場など、世界中の市場関係者を巻き込んだ仮想通貨ブームが加熱。こうした仮想通貨バブルの流れを受けて、マイニング事業を手掛ける企業、取引所の運営、提携関係にある企業などが注目され、幅広い銘柄に物色が向かいました。
特に、仮想通貨・ビットコイン関連株の出遅れとして注目された銘柄「リミックスポイント(3825)」は、材料発表を起爆としてわずか1ヵ月あまりで株価5倍以上の急騰をみせ、2017年を代表する大化け株・テンガバー(10倍株)として大きな話題となりました。

EV(電気自動車)関連銘柄

EV(電気自動車)関連銘柄

EV(電気自動車)関連銘柄とは、世界中で高まりを見せている"EVシフト"の流れを受け、電気自動車の普及に関連する産業(半導体・電池・バッテリーなど)の企業・銘柄のこと。2017年の下半期以降、EVの基幹部品となる「リチウムイオン電池」「全固体電池」「急速充電器」、この三つの派生テーマには、波状的な物色が向かい、2017年の大相場を演出しました。
2018年の株式市場においても、EV関連株の本命と見られている「リチウムイオン電池関連株」「全固体電池関連株」、二つの派生テーマに関連する銘柄が幅広く物色されることが予想されます。また、欧州・中国・米国においても「脱ディーゼル・ガソリン車」の動きが加速しています。世界中で加速するEVシフトの流れに後押しされ、国内の自動車産業の動きに注目が集まります。

IoT関連銘柄

IoT関連銘柄

IoTとは、Internet of Thingsの略称した技術で、日本語では「モノのインターネット」と訳され、第4次産業改革の中心として、注目を集めているのがIoT関連銘柄です。IoT関連銘柄とは、IoT技術に必要なデバイスを手掛ける企業、IoTソリューションやネットワークを手掛ける企業、またはプラットフォームを手掛ける企業など、インターネットに関わる幅広い事業を手掛ける銘柄のことを指します。
IoTが秘める市場規模は非常に大きく、IT専門の調査会社「IDC」では、世界のIoTデバイスは2020年までに300置く大に達するよ予想され、IoT市場の売上規模は1.7兆ドルまで膨らむとされています。2018年を迎えた現在でも、IoT技術を利用した「家電」「自動車」「医療」「農業」「セキュリティー」などが開発され、幅広い産業・企業の成長性が注目を集めています。