下放れ三手とは?

下放れ三手のチャートサンプル

下放れ三手の下降確率

  • シグナル点灯銘柄

    2309銘柄

  • 翌日の株価下降確率

    71.85

  • 一週間後の株価下降確率

    35.12

前日の安値から下窓を開け、陽線が3本連続し、続いて陰線が現れる流れを「下離れ三手」といいます。この陽線は窓埋めであり、「売り」シグナルです。 株価の下落が続くなか、下離れに窓が開くことは珍しくなく、売り勢力の勢いを示します。続いて3本の陽線が現れる場合がありますが、4本目が陰線ならば窓埋めに過ぎません。一時的に上昇していますが、これは「下放れ三手」という「売り」のシグナル。短期や利食いのタイミングを計る人が多い状況を示しています。

下放れ三手が点灯した株・銘柄一覧

件中1~10件を表示

最新の売買シグナル・テクニカルデータ

【下放れ三手】が点灯した銘柄・株を一覧でご紹介。売りシグナルとされる下放れ三手の勝率は高いのか?他にも、売りシグナルを形成する銘柄を翌日、一週間後の株価上昇・下落確率でスクリーニングできます。