やぐら底とは?

やぐら底のチャートサンプル

やぐら底の上昇確率

  • シグナル点灯銘柄

    54240銘柄

  • 翌日の株価上昇確率

    82.24

  • 一週間後の株価上昇確率

    13.62

「やぐら底」とは、下落相場の中で大陰線が現れ、しばらくもみ合い相場が続いた後、突如大陽線が現れたチャートパターン。持ち値の悪い買い建て玉の解消、下落相場の底入れを示す買いシグナルです。 下落の続く株価には反発がおこるもの。投資家たちが大口の投げ売りなどを行えば、チャートには大陰線が現れます。この大陰線が基準となり、その後は売り買いの交差が起こり、チャートはもみ合いに。後に現れる大陽線は「売り」の終わりを示し、今後は上昇するといわれます。この状態が「やぐら底」といい、買いシグナルとなります。

やぐら底が点灯した株・銘柄一覧

  • 6334明治機械(株)

    やぐら底2018-08-17

    株価336.0

    前日比131.3

    東証二部機械
    テーマ株/関連銘柄

    中国不動産復興老舗インドネシアLNGバイオマス発電電力設備投資水ビジネスバイオエタノール大気汚染製粉飼料人材派遣半導体製造装置香料原子力発電部材・部品ポンプ機械

  • 7748(株)ホロン

    やぐら底2018-08-17

    株価1458.0

    前日比125.9

    東証JASDAQスタンダード精密機器
    テーマ株/関連銘柄

    その他太陽電池ベトナムJPX日経400LED照明タイ円安メリット試験・検査・計測医療機器LED製造装置半導体製造装置プロジェクター

  • 株価121.0

    前日比117.5

    マザーズその他金融業
    テーマ株/関連銘柄

    カーボンオフセット不動産ファンド資産運用投資銀行電子マネー金融クレジットカード

  • 株価990.0

    前日比115.3

    マザーズ医薬品
    テーマ株/関連銘柄

    エボラ出血熱バイオバイオテクノロジー医薬品創薬iPS細胞抗がん剤抗体医薬細胞医薬品

  • 株価18.0

    前日比112.5

    東証JASDAQ電気機器
    テーマ株/関連銘柄

    インドネシア通信機器バイオエタノールソフト・システム開発技術者派遣自動運転車人材派遣その他半導体試験・検査・計測組み込みソフトM2M機器間通信旅行電子部品実装WiMAXITIoT

  • 8747豊商事(株)

    やぐら底2018-08-17

    株価555.0

    前日比111.9

    東証JASDAQスタンダード証券業
    テーマ株/関連銘柄

    LED照明資産運用金融外国為替証拠金取引商品先物取引

  • 3264(株)アスコット

    やぐら底2018-08-17

    株価337.0

    前日比111.6

    東証JASDAQスタンダード不動産業
    テーマ株/関連銘柄

    マンション不動産注文住宅東京オリンピックホテルビジネスホテル

  • 株価203.0

    前日比109.7

    東証JASDAQスタンダード情報・通信
    テーマ株/関連銘柄

    JPX日経400携帯電話グリーンITデータセンターソフト・システム開発クラウドコンピューティングコールセンターiPhoneスマートフォン動画配信モバイル広告Webサイト構築eコマース電子商取引情報セキュリティASP在宅勤務テレビ通信販売システムインテグレーションIP電話SOHOフィルタリングインターネットフィルタリングSaaSM2M機器間通信ツイッターウエアラブル端末タブレット端末生体認証POSMVNOインターネット接続事業者仮想移動体通信事業者MVNO(仮想移動体通信事業者)人工知能(AI)音声認識ITIoTRPA

  • 株価820.0

    前日比109.3

    東証JASDAQスタンダード情報・通信
    テーマ株/関連銘柄

    外食ソフト・システム開発マーケティングASPシステムインテグレーションSaaS金融IT

  • 株価570.0

    前日比109.2

    マザーズ情報・通信
    テーマ株/関連銘柄

    ソフト・システム開発自動運転車SNSLINEスマートフォンソーシャルゲームソーシャルメディアモバイルコンテンツ3Dアニメーション電子書籍携帯電話向けソフト価格比較サイト萌えスマホゲーム韓国ITウェブサービス

24件中1~10件を表示

最新の売買シグナル・テクニカルデータ

【やぐら底】が点灯した銘柄・株を一覧でご紹介。買いシグナルとされるやぐら底の勝率は高いのか?他にも、買いシグナルを形成する銘柄を翌日、一週間後の株価上昇・下落確率でスクリーニングできます。